■宣伝■
メディア掲載について↓
●旅行ガイドメディア「LINEトラベルjp」に寄稿しています
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/48397393.html

●旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」に寄稿しています
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/48986208.html

●「note」でも記事を書いています
https://note.mu/ninfea85iri

●「マイナビ学生の窓口」の記事に取材協力しました
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/51229138.html

●フリーゲーム『ヨミクニサン』を制作しました。
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/55575421.html

■今まで訪れた場所リスト(調べる場所が決まっている場合こちらから)■
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/50407619.html

【琵琶湖の有人島】滋賀県・沖島を歩く

滋賀県・琵琶湖に浮かぶ沖島を訪ねたので軽くまとめます。

最後に3分ほどのダイジェスト動画もつけました。

●沖島
近江八幡駅の北口から「長命寺経由・休暇村行き」で32分の堀切港下車。フェリーで10分。
琵琶湖の有人島。6万年前に近江盆地の陥没で誕生。奈良時代に藤原不比等が奥津島神社を建立し航行安全の神の島とされたといわれます。源氏の落人が住みついたところから有人島になり、室町時代には足利義政の命令で見張所が作られ、戦国時代には琵琶湖水運の関所がありました。日本唯一の淡水湖に浮かぶ有人島なのですが、湖の島が有人島になるのは世界でもあまりないそうです。

P2236214
港手前に大きな駐車場があります。港の駐車場は島の方用なので駐車禁止。

P2236216
フェリーは1時間に1本ペース。小さな待合室がある他、徒歩5分ほどのところにファミリーマートもあります。

P2236218
P2236217
堀切港。フェリーのチケットはフェリーの中で買います。

P2236219
島の規模からするとそこそこ大きなフェリー。とはいえ休みの日は満員になるので、ぎりぎりできた人は乗りきれていませんでした。乗れないと何もない堀切港で1〜2時間足どめになるのでちょっと大変ですね……。

P2236220
フェリーの中。

P2236222
P2236223

P2236227
着きました。
P2236228
P2236229
P2236230
P2236231

●湖島婦貴の会
公式HP:http://www.biwako-okishima.com/
近江八幡市沖島町43、無休、営業時間不明。
港の漁業会館にあり、沖島漁業協同組合の婦人部が佃煮などの土産やお弁当(要予約)を販売しています。予約なしで食べられる食事もあつかっています。ただ、行った感触や調べた限りでは、確実にいつでも食事にありつけるか少々不安定な印象のため、ここだけを頼りにするのは危険かもしれません。ちなみに、島内は予約必須の飲食店が多いので注意しましょう。
P2236226
P2236225
港の沖島協同組合でうどんを食べます。12時30分ごろですが、お弁当や米がつきてしまったとのことで、900円のうどんのみ。本来であればもう少し高い価格でおにぎりがつきます。家庭料理特有の優しい味。琵琶湖のエビや小魚がついているのもいいですね。

P2236234
猫の島としても知られますが猫が発生するのは主に朝方だそうです。今回見たのはこの猫だけでした。
P2236239
彼とは今後何度かすれ違うことになります。

P2236236
海ではありません。

P2236237
島の西方面(民宿「湖上荘」方向)へ歩いてみます。
P2236242
P2236243
P2236245
P2236246
P2236250
P2236251
P2236253
P2236254
P2236247
P2236249
P2236248
湖上荘のすぐ下。これ以上はいけないのでもどりましょう。

P2236255
P2236257
細い道の住宅街。

●奥津島神社
近江八幡市沖島町199(google mapだと別の場所を指すので注意)。
和銅5年(712年~713年)、藤原不比等による創建と伝わる神社。奥津島比売命(タキリビメとも。須佐之男命の娘で大国主神の妻)を祀っており、琵琶湖の守り神とされています。
P2236258
P2236259
石段から。
P2236262
P2236264
町を一望できます。島特有のみっちみちな住宅街。
P2236265
拝殿と本殿。
P2236261
さらに上にある、境内社の山神神社。

P2236267
P2236268
P2236269
せまい裏路地。

P2236273
伊勢大神楽(各地で獅子舞を舞っている神楽師で国の重要無形民俗文化財になっている)が舞っている光景に偶然遭遇。
P2236274
P2236276
P2236284

P2236285
島内で車は、ナンバープレートなしの軽トラ1台しか見ませんでした。3輪自転車がメインの交通手段のようです。
P2236286
P2236287
P2236288
P2236289

●西福寺
近江八幡市沖島町252。
源氏の落人である茶谷重右衛門の末裔が蓮如に帰依し、庵を建てたことから始まったとされる寺。
P2236290
P2236291

P2236293
北西の道は畑が多くあるエリア。メインの見どころは島の東なので時間がなければ飛ばしていいと思います。
P2236302

P2236298
段々畑。
P2236299
北西の辺りは石切り場だったといわれます。説明がないので確証はありませんが、その痕跡っぽいものも残っています。
P2236300
P2236301
イノシシよけに電気柵や音のなるセンサーがしかけられた畑。センサーに引っかかると大きな音が鳴るのでおどろかないように。
P2236292
P2236294
P2236297
P2236303
P2236304

P2236305
島の東へも行ってみましょう。小学校や厳島神社があるので北西よりも優先度は高めです。
P2236307
P2236308
P2236309
P2236310
P2236311
P2236312
P2236313
P2236314
P2236315
P2236316

●沖島小学校
公式HP:https://www.fureai-cloud.jp/okishima-es
近江八幡市沖島町360。
1893年開校の小学校。あくまで小学校ですが、日本唯一の湖の上の小学校であることと見た目から見どころの1つとなっています。
P2236320
P2236317

P2236321
小学校より東は未舗装の畑エリア。
P2236322
P2236336
P2236338
P2236339
P2236323
木で橋が作られている場所も。
P2236324
P2236325
P2236326
P2236327
何か違和感を感じると思ったら、水辺ぎりぎりまで畑があったり草木が生えているせいですね。海辺に植物はあまり生えないのですが、沖島は海ではなく湖の島なので、平然と水辺にまで緑が生い茂っています。
P2236328
水辺に生い茂る植物。

●厳島神社
近江八幡市沖島町。
島の東のつきあたりにあります。琵琶湖の舟の往来や災害よけや雨乞いの神様。
P2236329
総本社の厳島のミニチュアみたいな光景。
P2236331
橋を渡って逆から見た光景。
P2236333
石段をのぼって3分ほどで本殿へ行けます。これは本殿前のしめ縄がはられた石。説明がないので分かりませんでした。私もくわしくないのですが少し調べたところ、総本社の厳島神社がある宮島の弥山には信仰の対象になっていた巨石群があり、沖島の厳島神社ではこの石がそれにあたると考えられるようです。
P2236334
本殿。
P2236335
本殿付近からのながめ。

P2236340
これで沖島観光は終わりです。所要時間は2時間ほどという声が多いですが、私は4時間かかりました。



※おまけ1
動画にしました。




※おまけ2
P2236342
帰りに寄った養老SA。
P2236343
飛騨牛のお弁当と磯揚げまる天を買いました。



●次はどこに行く? (他の旅行記事に移動します)●
・愛媛県の野忽那島&睦月島を訪ねる。

・大分県の姫島を訪ねる。

マニアフェスタVol4に行ってきた

マニアフェスタに行ったので軽くまとめます。

●マニアフェスタ
あるのに見えない、世界が見えた。

マニアとは、見えてる人たち。
庭先のゴムホースだったり、道に落ちてる手袋だったり。
あるのに見えなかった、なにげなく通りすぎていたものに
美しさやおもしろさ、呪いを感じている人たち。

マニアフェスタはそんな視点を、グッズに、本に、イベントに
いろんな方法で表現する祭典です。
幅広いジャンルのマニアや研究者、専門店が約117組勢揃い!
ここに来たあなたは、もう、いままでどおりには歩けない。素通りできない。
そう、あなたも、もう見ている人なのだから……!!

※公式HPの「開催概要」(https://maniafesta.jp/vol-4-summary/)より引用

要するに、様々なマニアが自分の好きなものを形にして発表、販売するお祭りという認識でいいと思います。

WEBメディア「東京別視点ガイド」で知られる合同会社別視点の主催です。過去に3回開催されており、今回(2020年2月8〜9日)は4回目です。

P2086208
今回の開催場所はアーツ千代田3331 (千代田区外神田6-11-14)。中学校を再利用したアート向けのレンタルスペースです。12:00〜18:00の開場で、前売り券800円、当日券1,000円、2日通し前売り券1,500円、2日通し当日券1,800円でした。ちなみに再入場可。

P2086206
開場。約120のブースがあります。
P2086207
内部の撮影OKですが「うぇーい何も買わないけど写真だけ撮らせてくださーい」という度胸がなかったのでこれだけです。

P2086209
まずは買ったものの紹介をします。

・Skima信州さん(https://skima-shinshu.com)の冊子(写真左)。双体道祖神や野湯、私も好きな別所温泉が掲載されていました。


・城マニアとして有名な、いなもとかおりさん(http://castle-trip.namaste.jp/)が石垣の見どころを語る冊子(写真右)。主に矢穴について書かれていました。勉強になりそうなので入手。

ちなみにいなもとかおりさんはLINEトラベルjp(https://www.travel.co.jp/guide/)という旅行ガイドメディアで記事を書いていますが、私もLINEトラベルjpで記事を書いています。有名人と自分の間に共通点を見出そうとする私キモいな。

なお、購入した時いなもとさんは、トークイベントの直前だったので不在でした。トークイベント後に「私もLINEトラベルjpで書いてるんすよ」といいにいってもよかったのですが、我ながらキモいのでやめました。


・あさみんさん(http://papicocafe.blog.jp)の「おにのセロテープ」。公園遊具を模したものですね。手作り品でひとつひとつ顔が違うとのことなので、じっくり見てひとつ選びました。おまけで空のマッチ箱(ブログの宣伝が書かれている)をもらいました。

「アノ、ブログイツモミテマスッ!」といえたのはよかったですが、客観的に見るとストーカーみたいで私キモかったな。この辺りの「いつも見てます!」っていうアピール、どのくらいの熱量でいけばいいのか分からないから難しいですよね。

ちなみに彼女のブログは、ライブドアブログの国内旅行カテゴリで常に1位〜3位くらいをキープするほどの人気をほこります。B級スポットを、女性らしいやわらかめの文体で下品になりすぎないように、素人もついてこれるくらいの適切な熱量で紹介するブログは必読です。
私のブログは国内旅行カテゴリで20位〜40位くらいなので、こういうのを「超えられない壁」っていうんですよね。

あなたも私のブログなんか読んでないで、さっさとあさみんさんのブログ(http://papicocafe.blog.jp)を見に行ってください。


以上です。みんなが自分が好きなものをさけんでアピールできて、それをみんなが見にきて肯定するという優しく平和な空間でした。

あと、公式HPでも書かれていたように、今まで見えていなかったものごとの面白い部分を知ることができるので、かたい頭がほぐされて世界が面白く見えてくる気がしました。

普段WEBメディアやブログで活躍しているマニア本人が店番をしていて雑談に応じてくれるので、知らない人とも熱量高めのトークができるような社交性がある方だとより楽しめるかもしれませんね。私はコミュ障なので買い物しただけでしたが。

ただ、次回も出展メンバー次第では行きたいですね。

【コラム】君は素敵だ、みすゞ飴

※この記事はnoteで書いた記事(https://note.com/ninfea85iri/n/na2182d27b5cc?creator_urlname=ninfea85iri)と同内容です。

みすゞ飴というお菓子を知っているだろうか。

上田城で有名な長野県上田市にある老舗、飯島商店が作っている銘菓だ。

形は直方体でゼリー状。味ごとに異なる鮮やかながら自然な色合い。もにゅっ、ねとっ、とした食感。優しい甘みと果物本来の香り。素朴ながら丁寧に作られたお菓子だ。値段も高すぎず安すぎずちょうどいい。上田土産にするには最適である。

だが、職場に土産として持って行った時の反応は今ひとつだった。みすゞ飴を過去に何度も食べたことがある先輩からも「そりゃ受けないだろうな」という趣旨のことをいわれた。

見た目の美しさと自然本来の味と香りが魅力的で、適度な高級感もあるみすゞ飴。それなのになぜみすゞ飴は受けないのか。

少し調べてみると、みすゞ飴のだめなところをこれでもかと並べ立てて語っているサイトを発見してしまった。


誰であろう、みすゞ飴を作っている飯島商店自身の公式サイトである。自社の看板商品みすゞ飴の嫌われがちな部分を事細かに書いているので少し引用したい。

一方、残念なことですが、『みすゞ飴』とインターネット検索すると「美味しくない」などのネガティブなキーワードもサジェストで出て来ます。

そこで、みすゞ飴はどういった方におすすめで、気を付けなければならないところはどこにあるのか考えてみます。

老舗ながら、エゴサーチしてネガティブなキーワードが出てくることを気にするという今時な一面もあるようだ。

みすゞ飴の美味しさは、香料、着色料などの添加物を使用していないところにあります。
合成香料がお嫌いなら、みすゞ飴はおすすめです。
みすゞ飴は保存料不使用。
日光など紫外線の当たる場所近くに置いたり、温度の高いところに置くとすぐに味が落ちます。
さらに、果実本来のシンプルな味のみすゞ飴はデリケートで、化学的に安定な合成香料や着色料を添加した製品よりも劣化しやすいです。

そう、添加物や人工的な香料、着色料を使わない自然な仕上がりがみすゞ飴の魅力だ。

そうは言っても、人によって好みは千差万別。
みすゞ飴のポリシーにはご賛同いただけても、みすゞ飴がお口に合わない方という方もいらっしゃるかと思います。
弊社ではみすゞ飴以外にも、果物のお菓子を各種作っていますので、そちらもぜひお試しください。

力強く魅力を語った直後に「口に合わない方は……」と別の商品を提案。大丈夫。大丈夫だからもっと自信を持ってほしい。

乾燥ゼリーが苦手な方向けの商品もございます。
みすゞ飴は日持ちをさせるために乾燥しています。これにより果物の味が濃縮されて、独特の濃厚な味と食感になるのです。
ですが、この濃縮された風味や食感が苦手な方もいらっしゃるかもしれません。

みすゞ飴最大の魅力でありアイデンティティである果物本来の味と香りと食感を「苦手な方もいらっしゃるかも」と語る公式。

そういった方は、乾燥していないみすゞ飴を体験できる「生みすゞ飴」がおすすめです。
生ものですので日持ちしませんが、みすゞ飴にはないフレッシュな風味と食感をお楽しみいただけます。
また、フルーツ羊羹タイプの「みすゞふるうつ」という製品もございます。
みすゞ飴より更に厳選した素材を使用し、真空パックしていますので日持ちいたします。
そちらもぜひお試しください。
羊羹タイプのねっとりした食感が苦手な方向けの商品もございます。
みすゞ飴に使用している水飴は、品質の安定に役立つとともに独特な濃厚感を演出しています。
しかし、このねっとり感が苦手、もっとフレッシュジュースに近い果汁感のあるゼリーがお好みの方もいらっしゃるかも知れません。

そういった方には、水飴不使用の冷蔵保存タイプのゼリーがおすすめです。

嫌われる理由を列挙しすぎて、あこがれの人がふり向いてくれない理由をあれこれ探して思い悩む自意識過剰な乙女みたいになっている。

そもそもゼリーが嫌い、という方もいらっしゃるかもしれません。

そういった方には、ペクチン添加なしで昔ながらの製法をしている「四季のジャム」はいかがでしょうか?

ゼリーが嫌いなやつなんてもう放っておけばいいだろ!お前のいいところに気づかないやつをいつまでも追いかけて悩むなんてお前――もったいない――お前は、お前はこんなに素敵なのに。お前のいいところは俺が一番よく知ってる、……だから、もうみすゞ飴をまずいとかいうやつのことは捨てて、……俺の、俺のところにこいよ!

というような台詞を吐きつつみすゞ飴に壁ドンしたくなってしまう。

最後はよく分からないテンションになってしまったが、少なくとも私はみすゞ飴はきれいだしおいしいと思っているので、上田を訪れた方はぜひ買ってみてほしい。



……noteではこんな感じの雑文を書いています。良ければnoteもごらんください。
⇒noteの私のページはこちら。
アクセスカウンター(PV)

    記事を検索する
    タグ絞り込み検索
    最近のコメント
    ●宣伝●
    タイトル バナー用

    ゆめにっきファンゲーム
    『GOCCO』公式ブログ
    ゆめにっきのファンゲームを制作させて頂きました。 「ゆめにっき」という単語にピンときた方はこちらのリンクからどうぞ。
    試しににほんブログ村ランキング参加中
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク