■宣伝■
メディア掲載について↓
●旅行ガイドメディア「LINEトラベルjp」に寄稿しています
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/48397393.html

●旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」に寄稿しています
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/48986208.html

●「note」でも記事を書いています
https://note.mu/ninfea85iri

●「マイナビ学生の窓口」の記事に取材協力しました
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/51229138.html

●フリーゲーム『ヨミクニサン』を制作しました。
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/55575421.html

■今まで訪れた場所リスト(調べる場所が決まっている場合こちらから)■
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/50407619.html

【醸造とものづくりとお寺】愛知県・碧南を歩く

愛知県・碧南を訪ねたので軽くまとめます。

●碧南
名古屋駅から東海道本線で18分の刈谷駅で下車し三河線に乗り換えて25分。
醸造蔵が多く瓦を始めとしたものづくりも盛んな町です。農業、漁業も盛んで寺社も点在しています。ものづくりに強く自然があり歴史もあるいかにも「愛知らしい」町です。

P7126344
工事中の碧南駅。
P7126345
駅前。

まずは何か食べましょう。

●大濱旬彩大正館
公式HP:https://taishokan1914.com/
碧南市中町3-18、11:00~14:00、17:00~22:00営業(21:00ラストオーダ)、月・第三火曜日休み。
1914年創業の料亭。碧南で手に入る食材や醸造した調味料を生かしています。
P7126348
風格ある店構えですが、無人カウンター席もあるので一人でも気軽に入れます。
P7126346
かつ丼セット1,300円。卵で閉じていないザクザクとした衣と、醤油のあっさりとした味わいがおいしい。

P7126349
駅から海の方へ歩いていきます。

P7126350
碧南のマップ。

●大浜陣屋広場
碧南市羽根町1-12。
1769年から1872年まで駿河沼津藩主の水野家がおいた陣屋がありました。今は公衆トイレのある広場です。
P7126354

●碧南海浜水族館
碧南市浜町2-3、9:00~17:00営業、月曜日及び年末年始休み、入館料500円。
P7126362
P7126355
15分程度で1週できるくらいのボリュームです。
P7126357
P7126358
P7126359
P7126360
P7126361
敷地内にビオトープがあります。

●林泉寺
公式HP:http://www.rinsenji.jp/
碧南市本郷町3-8。
1300年代に誕生し1457年に曹洞宗となります。現在の本堂は1650年建立。
P7126365
P7126364

●西方寺
公式HP:https://www.japan-net.ne.jp/~kiyozawa/manshi/
碧南市浜寺町2-19-2。
元は光照寺または光正寺という天台宗の寺でしたが、親鸞に帰依し浄土真宗に改宗したとされます。
1496年に移動し西方寺と改名。
P7126368
P7126370

●海徳寺
碧南市音羽町1-60。
浄土宗の寺院。1462年に西演和尚が巡礼中に草庵を造り、1848年に本堂が再建されます。平安時代後期の大仏(国指定重要文化財)があります。
P7126371
P7126374
P7126375
金剛力士像は元は伊勢の神宮寺のもので鎌倉時代初期のもの。
P7126372
改装中? 内部の大仏は撮影禁止。

●石川八郎治商店、K庵
公式HP(企業ページ):https://kokonoe.co.jp/
公式HP(レストラン&カフェ):https://kokonoe.co.jp/k-an
石川八郎治商店は9:30~17:30営業、月・第1・3火曜日休み。
K庵は11:00~17:00営業、月・第1・3火曜日休み。
1772年創業のみりん製造会社の売店とレストラン&カフェ。
P7126380
P7126379
K庵ではみりんを使った料理を食べられます。これはみりん粕を使ったチーズケーキ。とても小さいわりに660円もしますがとてもしっとりしています。
P7126398
石川八郎治商店ではみりん配達用の袋(使用済み)を購入しました。

P7126367
石川八郎治商店とK庵の前の通り。

●旧大浜警察署
碧南市錦町1-7。
1924年から1948年大浜町・新川町・棚尾町・高浜町・旭村・明治村の6町村を管轄していた警察署。その後1961年まで愛知県碧南警察署として機能していました。
P7126381

P7126382
石畳の路地。

●観音寺
碧南市築山町3-58。
1956年に尼さんの大竹きよが開きました。先代大竹常三郎は日露戦争で家に代々伝わる小豆観音を肌身につけ、加護により九死に一生を得て生還し、仏の力を広めたといいます。説明だけ聞くと新興宗教系っぽいですがれっきとした真言宗の寺院です。
P7126384
普通の家かな?

●清浄院
碧南市築山町1-21。
1334年に開かれた浄土宗の寺院。本山は知恩院。海の安全と豊漁を見守っているそうです。
P7126391

●本伝寺
碧南市築山町1-53。
1488年に創建した浄土真宗の寺院。1712年に現在地へ移動。
P7126393
P7126394
P7126395
山門の彫刻がかっこいい。

●称名寺
碧南市築山町2-66。
1339年に開かれた時宗の寺院。当時の住職が徳川家康の幼名を「竹千代」にすることを勧めました。
P7126389
P7126386
P7126387
お寺の方が「撮影できますので中へどうぞ」といってくれました。本当に撮っていいの?
P7126388
P7126385
敷地内の三州大浜東照宮。

P7126396
P7126397
何でもない古い建物も雰囲気があっていいですね。

今回はこれで終わりです。

地味ながら「見世物ではない本物の古くて歴史があるもの」が残っており、渋めの観光が好きな方にはお勧めです。



●次はどこに行く? (他の旅行記事に移動します)●
・同じく地味ながら見逃せないものづくり(織物)の町、群馬県桐生を歩く


・同じく地味ながら見逃せない愛知県の町、豊橋を歩く


新型肺炎流行に伴うブログ一時休止のお知らせ

PA114541

新型肺炎流行に伴い旅行ができなくなったため、一時的にブログの更新を休止します。

終息して、どこか旅行に行ったら更新を再開します。

noteの方は過去の旅行をふり返ったり旅行以外のことを書いており2日に1回ペースで更新しているので、noteの方を見に来てくれるとうれしいです。

⇒ブログを再開しました。

noteの私のページはこちら。

Twitterはこちら。

【琵琶湖の有人島】滋賀県・沖島を歩く

滋賀県・琵琶湖に浮かぶ沖島を訪ねたので軽くまとめます。

最後に3分ほどのダイジェスト動画もつけました。

●沖島
近江八幡駅の北口から「長命寺経由・休暇村行き」で32分の堀切港下車。フェリーで10分。
琵琶湖の有人島。6万年前に近江盆地の陥没で誕生。奈良時代に藤原不比等が奥津島神社を建立し航行安全の神の島とされたといわれます。源氏の落人が住みついたところから有人島になり、室町時代には足利義政の命令で見張所が作られ、戦国時代には琵琶湖水運の関所がありました。日本唯一の淡水湖に浮かぶ有人島なのですが、湖の島が有人島になるのは世界でもあまりないそうです。

P2236214
港手前に大きな駐車場があります。港の駐車場は島の方用なので駐車禁止。

P2236216
フェリーは1時間に1本ペース。小さな待合室がある他、徒歩5分ほどのところにファミリーマートもあります。

P2236218
P2236217
堀切港。フェリーのチケットはフェリーの中で買います。

P2236219
島の規模からするとそこそこ大きなフェリー。とはいえ休みの日は満員になるので、ぎりぎりできた人は乗りきれていませんでした。乗れないと何もない堀切港で1〜2時間足どめになるのでちょっと大変ですね……。

P2236220
フェリーの中。

P2236222
P2236223

P2236227
着きました。
P2236228
P2236229
P2236230
P2236231

●湖島婦貴の会
公式HP:http://www.biwako-okishima.com/
近江八幡市沖島町43、無休、営業時間不明。
港の漁業会館にあり、沖島漁業協同組合の婦人部が佃煮などの土産やお弁当(要予約)を販売しています。予約なしで食べられる食事もあつかっています。ただ、行った感触や調べた限りでは、確実にいつでも食事にありつけるか少々不安定な印象のため、ここだけを頼りにするのは危険かもしれません。ちなみに、島内は予約必須の飲食店が多いので注意しましょう。
P2236226
P2236225
港の沖島協同組合でうどんを食べます。12時30分ごろですが、お弁当や米がつきてしまったとのことで、900円のうどんのみ。本来であればもう少し高い価格でおにぎりがつきます。家庭料理特有の優しい味。琵琶湖のエビや小魚がついているのもいいですね。

P2236234
猫の島としても知られますが猫が発生するのは主に朝方だそうです。今回見たのはこの猫だけでした。
P2236239
彼とは今後何度かすれ違うことになります。

P2236236
海ではありません。

P2236237
島の西方面(民宿「湖上荘」方向)へ歩いてみます。
P2236242
P2236243
P2236245
P2236246
P2236250
P2236251
P2236253
P2236254
P2236247
P2236249
P2236248
湖上荘のすぐ下。これ以上はいけないのでもどりましょう。

P2236255
P2236257
細い道の住宅街。

●奥津島神社
近江八幡市沖島町199(google mapだと別の場所を指すので注意)。
和銅5年(712年~713年)、藤原不比等による創建と伝わる神社。奥津島比売命(タキリビメとも。須佐之男命の娘で大国主神の妻)を祀っており、琵琶湖の守り神とされています。
P2236258
P2236259
石段から。
P2236262
P2236264
町を一望できます。島特有のみっちみちな住宅街。
P2236265
拝殿と本殿。
P2236261
さらに上にある、境内社の山神神社。

P2236267
P2236268
P2236269
せまい裏路地。

P2236273
伊勢大神楽(各地で獅子舞を舞っている神楽師で国の重要無形民俗文化財になっている)が舞っている光景に偶然遭遇。
P2236274
P2236276
P2236284

P2236285
島内で車は、ナンバープレートなしの軽トラ1台しか見ませんでした。3輪自転車がメインの交通手段のようです。
P2236286
P2236287
P2236288
P2236289

●西福寺
近江八幡市沖島町252。
源氏の落人である茶谷重右衛門の末裔が蓮如に帰依し、庵を建てたことから始まったとされる寺。
P2236290
P2236291

P2236293
北西の道は畑が多くあるエリア。メインの見どころは島の東なので時間がなければ飛ばしていいと思います。
P2236302

P2236298
段々畑。
P2236299
北西の辺りは石切り場だったといわれます。説明がないので確証はありませんが、その痕跡っぽいものも残っています。
P2236300
P2236301
イノシシよけに電気柵や音のなるセンサーがしかけられた畑。センサーに引っかかると大きな音が鳴るのでおどろかないように。
P2236292
P2236294
P2236297
P2236303
P2236304

P2236305
島の東へも行ってみましょう。小学校や厳島神社があるので北西よりも優先度は高めです。
P2236307
P2236308
P2236309
P2236310
P2236311
P2236312
P2236313
P2236314
P2236315
P2236316

●沖島小学校
公式HP:https://www.fureai-cloud.jp/okishima-es
近江八幡市沖島町360。
1893年開校の小学校。あくまで小学校ですが、日本唯一の湖の上の小学校であることと見た目から見どころの1つとなっています。
P2236320
P2236317

P2236321
小学校より東は未舗装の畑エリア。
P2236322
P2236336
P2236338
P2236339
P2236323
木で橋が作られている場所も。
P2236324
P2236325
P2236326
P2236327
何か違和感を感じると思ったら、水辺ぎりぎりまで畑があったり草木が生えているせいですね。海辺に植物はあまり生えないのですが、沖島は海ではなく湖の島なので、平然と水辺にまで緑が生い茂っています。
P2236328
水辺に生い茂る植物。

●厳島神社
近江八幡市沖島町。
島の東のつきあたりにあります。琵琶湖の舟の往来や災害よけや雨乞いの神様。
P2236329
総本社の厳島のミニチュアみたいな光景。
P2236331
橋を渡って逆から見た光景。
P2236333
石段をのぼって3分ほどで本殿へ行けます。これは本殿前のしめ縄がはられた石。説明がないので分かりませんでした。私もくわしくないのですが少し調べたところ、総本社の厳島神社がある宮島の弥山には信仰の対象になっていた巨石群があり、沖島の厳島神社ではこの石がそれにあたると考えられるようです。
P2236334
本殿。
P2236335
本殿付近からのながめ。

P2236340
これで沖島観光は終わりです。所要時間は2時間ほどという声が多いですが、私は4時間かかりました。



※おまけ1
動画にしました。




※おまけ2
P2236342
帰りに寄った養老SA。
P2236343
飛騨牛のお弁当と磯揚げまる天を買いました。



●次はどこに行く? (他の旅行記事に移動します)●
・愛媛県の野忽那島&睦月島を訪ねる。

・大分県の姫島を訪ねる。

アクセスカウンター(PV)

    記事を検索する
    タグ絞り込み検索
    最近のコメント
    ●宣伝●
    タイトル バナー用

    ゆめにっきファンゲーム
    『GOCCO』公式ブログ
    ゆめにっきのファンゲームを制作させて頂きました。 「ゆめにっき」という単語にピンときた方はこちらのリンクからどうぞ。
    試しににほんブログ村ランキング参加中
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク