■宣伝■トラベルライターのお仕事してます↓
●旅行ガイドメディア「たびねす」で記事を書いてます
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/48397393.html

●旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で記事を書いてます
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/48986208.html

●「マイナビ学生の窓口」の記事に取材協力しました
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/51229138.html

■今まで訪れた場所リスト(調べる場所が決まっている場合こちらから)■
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/50407619.html

埼玉県・秩父で秩父三社を回ってきた

今回は埼玉県の秩父にやって来ましたので軽くまとめます。霊験あらたかな秩父三社を1日ですべて回りたいと思います。

いろいろあって夜からのスタートです。

P9080631
秩父駅構内のフードコートはメニューや雰囲気が観光客向け。フードコート内にあるわらじかつ亭のわらじかつ丼の大。見た目のインパクトはありますが脂のしつこさがないので意外と食べきれます。最後はだし汁をかけてとんかつ茶漬けにできます。

P9080635
秩父神社。明日寄るので説明はまた後ほど。
P9080634
通りかかった地元の方が丁寧に頭を下げていきます。愛されていますね。

記事が始まって早々ですが、夜なので宿へ移動します。

●秩父温泉だいます旅館
秩父市中村町1-2-11。
16部屋の小さな宿。部屋は風呂トイレなしですが秩父温泉の大浴場があります。古びていますがよく掃除されています。
P9080639
P9080638
P9080641
P9080640
パッチワークが趣味のようであちらこちらに飾られています。
P9080636
1人でちょうど良いサイズ。

夕食は、秩父の名物であるホルモン焼を食べることにします。

●ホルモンまる助
秩父市熊木町9-5。17:00〜23:00営業、不定休。
旅館のおすすめ店。女将さんによると混んでいるので事前に電話した方がいいとのことです。
P9080644
電話したところぎりぎり空いていました。
P9080642
生モツとカシラ。
P9080643
一人焼肉楽しい。

P9080645
旅館にもどって温泉に入ります。秩父温泉満願の湯(奥長瀞にある日帰り温泉施設)でくんだ温泉をタンクローリーで持ってきているそうです。アルカリ性ですがぬるぬる感はなく普通のお湯っぽい感じです。

P9080647
次の日。

●秩父神社
秩父市番場町1-3。
知知夫彦命(八意思兼命の子孫。子孫が後の武蔵国西部を治める国造になります)が八意思兼命(引きこもった天照大神を岩戸から出す策を思いついた知恵の神)を祀ったところから始まった神社で、2100年ほどの歴史があるとされます。秩父三社の1つであり秩父地方の総鎮守。
P9080649
社殿は武田信玄に焼かれたあと徳川家康に修理されました。
P9080651
見事な装飾。
P9080655
社殿の左甚五郎作の子宝子育ての虎。当時の狩野派のルールに基づき母親がヒョウとして描かれています。
P9080656
P9080657
P9080658
秩父が舞台として登場する『心が叫びたがってるんだ』とのコラボ絵馬。
P9080660
P9080662
社殿の左側の壁にいるお元気三猿。ここを再建した徳川家康の日光東照宮と同じく3匹の猿の彫刻ですが、通常とは異なり、よく聞き、よく話し、よく見ています。
P9080664
社殿の裏の壁にいる北辰の梟。体は社殿、顔はこちらを向いています。
P9080666
社殿の裏にある天神地祇社。日本中の一宮(最も格式が高い神社)の神を祀っています。その数何と75。
P9080668
P9080670
P9080671
P9080672
そうそうたる面々が並びます。こうして見ると半分くらいはどこかで出会っています。
P9080673
社殿の右の壁にいるつなぎの龍。左甚五郎作。近くにある天ヶ池で龍が暴れたあとは必ずこの下に水たまりができたそうです。この龍を鎖でしばってからは、龍は出現しなくなりました。
P9080675
P9080676
乳銀杏。乳のようなこぶができた異形の銀杏。

P9080680
神社前でめんまさん(秩父が舞台として登場する『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のヒロイン)に遭遇。

さて、次は秩父駅から20分ほど電車に乗って長瀞に移動しましょう。

P9080681
長瀞駅にいた鉄道むすめの1人、桜沢みなの。秩父鉄道の駅務係で特技は暗算。多人数の発券業務にすぐ対応できます。

P9080685
長瀞駅。

P9080684
駅前の観光案内所でレンタサイクルを借ります。ギヤつきで、車輪が小さく操作性がいいです。

今回は秩父三社めぐりがメインですが、せっかくなので荒川も見にいきます。

P9080686
P9080689
P9080691
P9080692

P9080687
P9080688
長瀞駅から5分ほど走ると、荒川が見えてきました。石畳があり景勝地になっています。1億4千年前の地層だそうです。

荒川を自転車で15分ほどのぼっていきます。川に沿って道があるわけではないので、道中は普通の町です。

P9080693
上長瀞駅前を通過。

P9080695
荒川の上流。
P9080708
P9080707
そこそこきれいなのですが、先日四万十川にいってしまったのでどうしても比べてしまいます。四万十川とくらべると視界は悪いです。

P9080696
親鼻橋近くにある紅簾石片岩。親鼻団地横の民家の隙間を抜けるとあります。石英の中に紅簾石をふくんでおり赤くかがやきます。この規模で露出していることはめったになく、天然記念物に指定され、ナウマン(ナウマン象の名づけ親)を始め多くの学者が訪れたそうです。
P9080703
わずかに赤く光っています。分かりますかね。
P9080701
ポットホールがありました。穴に入った岩が水の流れで回転してできたものです。

P9080704
始めどこから入るか分からず、ラインくだり乗り場から入ってしまったのですが、ロッククライミングするはめになったので絶対にお勧めしません。ちゃんと民家の隙間から入りましょう。

ここでちょっと昼食です。

●味里
秩父郡皆野町大字金崎32-1。11:00〜16:00営業、水曜日休み。
P9080711
P9080710
きのこ天ざるそば。

次は秩父三社の1つ、寶登山神社へいきます。

●寶登山神社
長瀞町長瀞1828。
1900年前、日本武尊が東国地方平定の際宝登山にのぼろうとしましたが山火事にまきこまれてしまいます。その時山犬に助けられて無事に難を逃れることに成功し、山の神の使いである山犬への感謝をこめて山に「火止山(ほどやま)」と名づけ、山頂に神々を祀ったところから始まりました。
P9080713
P9080715
絢爛豪華な本殿。
P9090721
P9090722
P9090720
P9090724
P9090723
P9090735
趙雲と阿斗。
P9090731
P9090732
P9090733
P9090734
本殿の装飾。儒教の教えを図案化した彫刻があります。1つ1つは面白いのですが、文章に起こすとめっちゃくちゃ長いので自分で読んでみてください。
P9080717
みそぎの泉。本殿の囲いの中にあるみそぎの泉。日本武尊が登山前に身を清めた場所。
P9090719
日本武尊社。ここを作った日本武尊を祀ります。
P9090729
天満神社。菅原道真を祀ります。
P9090727
寶玉稲荷神社。日本神話に登場する倉稲魂命を祀る神社。
P9090725
P9090726
藤谷淵神社。現在の長瀞地区である藤谷淵村にあった8社を合わせて祀った神社。豪華な面々。
P9080716
水神社。清水の神を祀ります。水質の関係上、飲むのは自己責任らしいです。

●山草
秩父郡長瀞町長瀞718-2。10:00~23:00、火曜日休み。
喫茶店。果物を使ったシロップかき氷を扱います。
P9090737
P9090736
地元農家の桃をシロップにつけこんで作った桃のかき氷。氷もふわふわでおいしい。

さて、長瀞駅から秩父駅にもどり、さらに西武秩父駅からバスで75分かけて三峰神社にいきます。

●三峰神社
公式HP:http://www.mitsuminejinja.or.jp/
秩父市三峰298-1。西武秩父駅からバスで75分の三峰神社前で下車。さらに徒歩10分。
1900年前に日本武尊が創建し、イザナギとイザナミを祀ります。また、神の使いであるオオカミが日本武尊を案内したことから、お犬さまの信仰が残ります。
P9090739
P9090741
お犬さま。
P9090774
P9090747
P9090748
P9090749
P9090751
御神木。さわってパワーをもらえるそうです。
P9090757
拝殿。1800年建立。
P9090760
拝殿の石だたみにいる竜。2011年(辰年)に突然現れたそうです。
P9090758
P9090761
拝殿の装飾。
P9090764
摂末社。全国の神々を祀った24の摂社、末社があります。
P9090765
日本武尊銅像。体長5.2メートル。
P9090762
国産み中のイザナギとイザナミ。2人ともかわいいのですが、どうせ最後はイザナミがゾンビ化して別離する鬱エンドです。

写真はないですが、このあと神社の敷地内にある興雲閣という宿泊施設で日帰り温泉に入ります。アルカリ性で少しぬるつきます。

P9090771
P9090772
遥拝殿。

また75分かけて西武秩父駅にもどり、駅の近くで夕食を食べます。

●エデン
秩父市野坂町1-20-9。11:00〜20:30営業、木曜日休み。
秩父の豚を使った洋食屋。40年の歴史があります。
P9090779
P9090778
上豚カツ定食1350円。

これで秩父三社めぐりを終わります。



●次はどこに行く? (他の旅行記事に移動します)●
・吉備津彦命に会いにいく?(岡山の記事へ)
・同じく埼玉県の川越にいく?

【こけし】福島県・土湯温泉を歩いてみた

今回は福島県・土湯温泉に行ったので軽くまとめます。

●土湯温泉
福島駅東口7番乗り場からバスで40分。福島市南西の山間にある温泉地です。大穴貴命(大国主命)が荒川のほとりを鉾で突くとわき出したとされる温泉地。秦河勝(聖徳太子の側近)が病にかかった時、夢枕に立った聖徳太子のいわれるがままに湯治した場所ともされています。10種類を越える豊富な泉質と豊富な湯量が特徴。ちなみに土湯系と呼ばれるこけしの発祥の地。

東日本大地震の時は被災者を受け入れる気概を見せましたが、さわぎがひと段落して人が去った影響で5つの旅館が廃業してしまいます。近年は地熱発電ビジネスや廃業した旅館の活用などで回復方向です。

ちなみに土湯温泉は奥土湯温泉郷と呼ばれる山奥の秘湯や男沼・女沼といった景勝地もありますが、徒歩で行くのはとても厳しいので、あくまで徒歩で行ける土湯温泉中心部のみの散策となります。

さっそくですが今回の宿はこちらです。

●ホテル山水荘
福島市土湯温泉町字油畑55。
土湯温泉の中では人気の高い宿の1つ。1人客、レイトチェックインでも泊めてくれる上に比較的安価(今回も1万円弱)です。
P8250555
P8250554
1人でこの広さなら十分すぎますね。

さて、さっそく夕食を食べにいきます。

●みらく
福島市土湯温泉町下ノ町30。11:30〜14:00、20:30〜23:00営業、無休。
餃子とラーメンの店。半世紀の歴史をほこります。
P8250559
P8250558
温玉ちゃんラーメンと開運満月餃子。ラーメンはかんすいなどをひかえた自然の材料で作り、餃子は注文後に餃子を包むところから始めるそうです。特にラーメンは、今ではなかなか食べられない昭和っぽくて優しい味。店のおばさんも低姿勢ながら愛想が良くて、世の中がこんな店ばかりだったらチェーン店なんてはやらないだろうなと思いました。ほめすぎですね。

P8250563
山水荘に帰って大浴場に行きます。これは瀧の湯。
P8250562
瀧の湯内にある桶の湯。

P8250564
1階にあるつれづれの湯。唯一24時間使えます。かなり昭和感ただよう雰囲気。お世辞にもきれいではありませんが、湯治場と割り切って気にしない方は良いと思います。

P8250565
翌日の淵の湯。瀧の湯とは時間で男女が入れ替わります。
P8250566
淵の湯内にある桶の湯。滝が見えます。
P8250567
ぬる湯もあります。完全に瀧の湯の上位互換ですね。

P8250570
翌日のバイキング。日本庭園が見える位置で朝食。名物のきじがゆ(きじ肉で出汁を取ったおかゆ)に岩魚味噌を乗せたものがとてもおいしくてお代わりしました。
P8250572
デザート。

P8250573
地味に部屋の風呂も源泉を引いているので、チェックアウト直前にさくっと入ります。

P8250575
P8250576
P8250577
山水荘を去ります。これで1万円弱ならコストパフォーマンス抜群ですね。高級旅館には泊まる気ないけどケチるのも……という方にちょうど良いです。

P8250579
コインロッカーがなくて少し困ったのですが、土湯温泉観光案内所で預かってくれました。

ちなみにこれからの説明は土湯温泉公式HPのマップを見ながらだと分かりやすいので合わせてご覧ください。

P8250578
かわいい看板。

P8250580
巨大こけしのある橋(荒川大橋)。昨日夜通った時は少し怖かったです。

●興徳寺
福島市土湯温泉町字上ノ町76。
親鸞の高弟性信により浄土真宗本願寺派の寺として1250年に創建されます。その後米沢城に創建された禅林寺の開祖である九山により1615年に、臨済宗妙心寺派として再興されます。その後数度の火災にあい、現在の建物は1971年の再建となっています。
P8250582
聖徳太子堂。半身不随になった秦河勝が夢枕で上司である聖徳太子に告げられるまま土湯温泉で湯治をしたところ、無事治ったといいます。秦河勝がここを去る時、再度夢枕に立った聖徳太子が「自分はここにとどまって人々を救う」と告げたため、祀っているそうです。中には袖なしの服を着て人毛が植えこまれた聖徳太子像が安置されていますが、数十年に1度しか開帳されないとのこと。

部下の健康まで気遣うのは上司としてすばらしいですが、夢の中まで入ってきて指図してくるのはちょっと怖いですね。

P8250583
薬師こけし堂。内部にはこけしがびっしりとおかれています。ここは聖徳太子が秦河勝に命じて造らせたといいます。1913年8月27日に水害で消失しましたが、1974年11月21日に再建されます。元々は聖徳太子が帰依していた薬師如来を祀っていましたが再建にともない木事業の始祖とされる惟喬法親王も合わせて祀りました。これは、土湯温泉がこけしの名産地であることが理由です。

さて、次は奥土湯温泉郷の中でも徒歩で行ける川上温泉を目指します。土湯温泉から1.2キロほどの距離です。

P8250586
道中の山道にあった道祖神。やだ……おっきい……///。

●奥つちゆ秘湯川上温泉
福島市土湯温泉町字川上7。
9:00〜21:00日帰り入浴可。源泉かけ流し(場所によっては近くのわき水である水道水を加水)の宿。増改築をくり返し、複雑で古びた雰囲気をかもし出しています。巨大な立湯・万人風呂、手彫りで1年半かけて造られた半分洞窟半分露天の半天嵒窟風呂、青森ヒバを使った木湯・あすなろ風呂があります。男女で使える風呂が入れ替わるので事前にHPで確認しましょう。

お風呂の写真は他の方(背中に大きい刺青のあるおじ様)がいたのでなしです。

P8250590
P8260591
P8260592
こけしや冬虫夏草が飾られたナイスなセンスの休憩室。

また1.2キロ歩いてもどります。真夏でも土湯温泉は気温低めなので楽です。

●熊野神社
福島市土湯温泉町杉ノ下の西にあります(厳密な住所なし?)。
1774年に建てられたあと、1930年にここへ移されました。土湯温泉に多くいる林業関係者から信仰されています。
P8260599

P8260598
レトロ看板かわいい。

往復2キロ歩いて少し疲れたので食事休憩します。

●ひさご
福島市土湯温泉町杉ノ下21。11:30〜14:00、20:00〜23:00、木・金曜日休み。
十割そばときじ(雉)ラーメンの店。
P8260602
P8260600
P8260601
五種よくばりそば。温泉卵、エリンギの卵焼き、きのこの天ぷら、山くらげの和えもの、トマトのコンソメ煮つき。

食事した勢いで温泉街の外れにも行ってみましょう。

●六地蔵
福島、松川、二本松へ続く道に1766年以前から立っていましたが明治時代の廃仏毀釈の際、破壊され埋められました。その後偶然掘り起こされましたが、損傷がひどかったため新しく作りました。
P8260606
旧六地蔵。
P8260605
新六地蔵。

●渡辺治右衛門の墓
1767年生まれの土湯温出身の和算家、渡辺治右衛門の墓です。
P8260607
あれていてどこが彼の墓から分かりませんでした。

●九山の墓
米沢城の禅林寺や土湯温泉の興徳寺の開祖の墓。彼にあやかるために、墓の裏をけずってその粉を飲むことがはやったそうです。そのせいで大きく墓がえぐれています。
P8260610
P8260609

●滝のつり橋
荒川の支川である東鴉川の滝の上にかかる橋です。
P8260611
P8260613
P8260616
P8260617
P8260618
P8260619
P8260620
意外ときれいな水。
P8260623
カメラを水の中にしずめてみました。すばらしい透明度。

また中心部にもどってきたので、帰りのバス(1時間1本程度あるのであまり待つ必要がなくて便利です)まで時間をつぶします。

●アサヒ写真館ギャラリー
福島市土湯温泉町下の町9。10:00〜17:30営業、不定休。
こけし絵つけ屋兼土産屋兼カフェ。日本全国から集めたこけしを展示しています。カフェとしてのキャパシティは低く6席3テーブルのみ。バス停がすぐ近くなので時間調整にすごく便利です。
P8260625
P8260624

P8260627
バス停土湯温泉駅前の荒川の支川である東鴉川の滝。地元では三段の滝と呼ばれてますが厳密には東鴉川第一堰堤と言います。

今回は以上です。6時間程度で気軽に回れる上に福島観光の拠点にもしやすい良い場所でした。



※おまけ
P8260628
P8260630
帰りに食べた米沢牛すき焼き弁当。



●次はどこに行く? (他の旅行記事に移動します)●
・同じく福島駅近くの名湯、飯坂温泉に行く。
・2013年のこのブログ黎明期の福島県の記事を見に行く。

【厳選画像】今まで旅行した場所の美しいスポットまとめ⑤

今まで旅行した場所の写真のまとめ……というより一目見て「ここに行きたい!」と 思える写真とその写真のあるページへのリンクを貼っただけの記事、その⑤です。

その①はこちら。
その②はこちら。
その③はこちら。
その④はこちら。



①神奈川県・北鎌倉
PC038372
PC038377

②長野県・渋温泉
P2108502
P2108528
P2108529
P2118628

③千葉県・銚子
P3038674
P3038742
P3038765

④東京都・伊豆大島
P3188831
P3198932
P3199006
P3209030
P3209031

⑤富山県・高岡
P4159232
P4169321
P4169343

⑥京都・天橋立
P4299412
P4299430
P4299451

⑦京都府・伊根
P4309515
P4309520

⑧兵庫県・城崎温泉、玄武洞
P5019611
P5019659

⑨兵庫県・出石
P5029759

⓾大阪府
P5039818
P5039919

⑪千葉県・ディズニーランド
P6170203
P6170229
P6170243

⑫新潟県・佐渡島
P7280589
P7280590
P7280616
P7280638
P7280658
P7290737
P7290741
P7290771
P7290777
P7290790
P7290814

⑬新潟県・えちごせきかわ温泉郷
P7300856
P7300870
P7300909

⑭新潟県・村上温泉
P7310973
P7311012

⑮香川県・琴平
P8110047
アクセスカウンター(PV)

    記事を検索する
    タグ絞り込み検索
    ●宣伝●
    タイトル バナー用

    ゆめにっきファンゲーム
    『GOCCO』公式ブログ
    ゆめにっきのファンゲームを制作させて頂きました。 「ゆめにっき」という単語にピンときた方はこちらのリンクからどうぞ。
    試しににほんブログ村ランキング参加中
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク