■宣伝■
メディア掲載について↓
●旅行ガイドメディア「たびねす」に寄稿しています
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/48397393.html

●旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」に寄稿しています
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/48986208.html

●「マイナビ学生の窓口」の記事に取材協力しました
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/51229138.html

■今まで訪れた場所リスト(調べる場所が決まっている場合こちらから)■
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/50407619.html

【米子編】鳥取4泊5日旅行 3日目

【砂丘編】鳥取4泊5日旅行 2日目の続きです。

鳥取旅行3日目です。今回は少し遠いですが米子に行きます。

PC301479
グリーンホテルモーリスの朝食。何を食べるか迷う程度には種類があり、ビジネスホテルとしては優秀です。東京や大阪で同ランクの部屋やサービスだったら部屋代合わせて1万は取られます。

●米子
米子城の城下町及び商業都市として栄えました。県境なども近く、鳥取県西側の観光拠点として使いやすいです。

正直下調べした段階では観光資源が少ない印象でしたが、まあ何かあるだろうと思って行ってみました。

PC311480
米子駅。周辺には普通の近代的な町が広がります。
PC311482
米子城跡に近づくと古い住宅街が現れました。
PC311481
にゃーん。
PC311486
小雨の中水たまりをなめる強面な猫。
PC311483
PC311484
下の方だけ看板建築っぽさが残る建物。
PC311493
いい具合に古びた建物。

●出現地蔵
後述の林そば屋すぐ近く。1929年、霊感の強い木下徳子という人物がテレパシーを受信したことにより、鴨川の底にある井戸から発見されました。大昔なら民間伝承ですみますが、近代なので少しあやしげな話に聞こえますね。
PC311488

●咲い地蔵
後述の林そば屋すぐ近く。わらい地蔵と読みます。1984年に造られました。すぐ左下にあるのは藪根橋地蔵といいます。
PC311492

●林そば屋
米子市東倉吉町45。11:00~18:30営業、日曜・祝日休み。
1920年創業のそば屋です。
PC311491
PC311495
PC311498
PC311494
天ぷらそばを注文。少し濃いめの汁と、それに負けない香りの強いそばです。

ここで少し古い町並みを離れます。先に、少し離れたところにある見どころを消化するためです。

●賀茂神社 天満宮
米子市加茂町2-212。
別雷神と菅原道真を祀ります。創建は不明ですが、古い札に慶長三年(1580年)再建とあり、米子では最古の神社とされます。
PC311499
PC311500
宮水。上水道が整備される前は売り歩きされていたといわれるわき水。
PC311502
遥拝所。宮水で自らを清めたあと、東の神社を遥拝してからくぐり、西の神社を遥拝してからくぐったあと、本殿へ行くという手順です。
PC311503
拝殿。

●米子城
米子市久米町。
江戸時代は米子の藩庁として使われました。一国一城令発令後も支城としれ例外的に存続を許されました。天守閣と武家屋敷を兼ね備えていましたが今は石垣を残して跡形もありません。
PC311505
登山口から登ります。標高90メートルなので小雨のふる悪条件でも20分程度で登れます。
PC311506
カッコいい。
PC311507
ここまで開けている展望台もなかなかないですね。
PC311508
PC311509
PC311510
城の跡。
PC311512
PC311513
こういう跡、分かる人が見たら何の跡が分かるんですかね。
PC311514
すぐ近くにある桝形。

PC311516
再度林そば屋周辺にもどって古い町を歩きます。
PC311517
観光に力を入れてなさそうなわりにプロのクオリティの美少女キャラが。
PC311519
PC311520
PC311521
PC311522
PC311523
型抜きなどを売るおもちゃ屋。
PC311524
PC311525
寺が並ぶ通り。城下町っぽい。

少し時間があまったので皆生温泉に行きます。皆生温泉は鳥取で最大、山陰でも最大規模の温泉地です。海が近いことからか、山陰の熱海とも呼ばれています。

本当は静かな旅館で日帰り入浴したかったのですが、団体客がきて混んでいるとのことなので、やむを得ず大衆向けの日帰り施設にします。

●おーゆランド
米子市皆生温泉1-18-1。10:00~23:00営業(第3月曜日のみ正午より営業)。入湯料400円。米子駅前の3番乗り場からバスで20分ほど乗り、終点の米子市観光センターでおり、徒歩3分ほど。
おーゆホテル隣接の温泉施設。大浴場や露天風呂の他に日替わりのテーマ風呂、アカスリ、ジャグジー、ジェットバス、サウナ、食堂があります。カルキ臭がしたのでかけ流しではなさそうですが、周りの日帰り可能な旅館は入湯料1,000円前後なので、値段相応でしょう。キャパシティは高いので利用しやすいです。
PC311528
PC311527
フルーツオーレ。こういう施設は大抵ご当地の牛乳をおいているので要チェックです。

鳥取駅にもどって夕食を食べようとしたのですが、実はこの日は大晦日でほとんどの店がしまっていたため少しさまよいます。大晦日に寒い中鳥取で1人食べるところを探すのはなかなかさびしかったです(鳥取は悪くない)。

でもようやく見つけました。

●らーめん道場太鼓判
鳥取市栄町662。11:00~翌日2:00営業、無休。
牛骨ラーメンをあつかう店ですが、ネットの評価では牛骨ラーメンっぽくないとよくいわれています。どちらかというと観光客より地元民向けの店。
PC311530
PC311529
牛骨ラーメン。かすかに牛肉っぽいにおいがします。本来ならもっと牛のにおいが強いのかもしれませんね。

これで鳥取3日目を終わります。

4日目の記事作成中……

【砂丘編】鳥取4泊5日旅行 2日目

【若桜編】鳥取4泊5日旅行 1日目
の続きです。

鳥取旅行、2日目です。鳥取砂丘に行きます。

●鳥取砂丘
鳥取駅からバスで20分、タクシーで15分、2,500円くらい。
日本2位(観光可能な砂丘としては日本一)の規模をほこる砂丘です。

今回はバスではなくタクシーを使います。バスが動いていない時間に行って美しい風紋を見たいためです。

PC291299
マップ。

PC291302
砂丘には明かりがないので、暗い時に入ると視界がほぼゼロになります。冬の強風のせいで砂塵も舞ってて本当に遭難中みたいになりました。
PC291309
オアシスがありました。
PC291312
遭難中。

風紋を見るために朝早くきましたが明かりがないとそもそも見えなくてガチで遭難するので少し待ちます。
PC291313
風紋発見。
PC291318
PC291319
風が強すぎても弱すぎても発生しないそうです。
PC291320
砂柱。これも面白いですね。
PC291321
オアシス周辺。
PC291323
PC291326
PC291328
オアシス。
PC291329
人が増えてきました。
PC291331
PC291332
少し歩いて、鳥取砂丘の海を見に行って見ましょう。
PC291333
冬場は風が強く漂流物がたくさんあります。ビーチコーミング(打ち上げられたものを観察すること)してみましょう。
PC291336
鳥取県の位置の関係上、韓国からの漂着物が多いです。
PC291337
巨大な浮き。
PC291338
PC291347
PC291346
PC291346
PC291357
「すんだ新鮮な食用油」と書かれています(直訳)。
PC291335
漁船か何かの照明?ごろごろ落ちています。
PC291341
PC291345
謎の大きな筐体。マジックで韓国語がなぐり書きされていましたが悪筆で解読できませんでした。
PC291358
洗剤。
PC291362
PC291363
玉ねぎ。
PC291340
貝がびっしりついたカバン。
PC291339
韓国語の旗。いろいろ調べたら韓国語で「海岸」と書かれていることは解読できました。
PC291343
韓国語の書かれたプラスチックの椅子。翻訳アプリで調べると何度やっても「微調整シーフードフェスティバル」と結果が出ます。よく分かりませんが海産物を食べる祭りに使われたイスのようです。
PC291348
ウルトラマン。
PC291364
ちょっと現代アートっぽい。
PC291362
PC291365
波の花。プランクトンにより冬の日本海側で発生する現象です。
PC291360
蛇みたいなものをつかんで飛んでいるトンビ。
PC291369
PC291370
漂着物の中には危険なものもあるので不用意に開けないようにしましょう。

PC291371
PC291373
PC291374
PC291375
PC291377
PC291378
PC291380
PC291385
PC291386
砂柱の群れ。
PC291387
地平線まで続く砂柱。
PC291388
PC291389
PC291391
PC291394
PC291396
PC291398
オアシス。
PC291400
オアシスの源。じわじわと水が染み出しています。
PC291403
PC291406
朝6時から4時間くらい歩き回って疲れたので1度砂丘から出ましょう。

●鯛喜
鳥取市福部町湯山2164-449。10:00~14:00営業、木曜休み。
砂丘の前にある小さな海鮮丼屋。鳥取県産の米を使用。キャパシティが低く1日50食予約優先なので注意しましょう。開店時間と同時に入ったのですが予約の電話がどんどんきていて、すべて「もう予約がいっぱいなので」と断っておりその人気がうかがえます。
PC291409
PC291408
10種類の魚介類が乗った豪華な一品。普通、ちょっと豪華、豪華の3段階の海鮮丼から、ちょっと豪華を選択。

PC291410
近くの土産屋で砂たまご120円を購入。鳥取砂丘の砂に入れて熱した卵です。
PC291411
割ると中にまでこげめがついています。おいしいですが卵にしては少し高いですね。

●砂の美術館
鳥取市福部町湯山2083-17。開催期間(HPを要確認)中は無休、9:00~18:00営業。入館料600円。
砂で世界旅行をコンセプトに砂像彫刻家の茶圓勝彦氏がプロデュースする砂像の美術館です。2017年12月現在のテーマはアメリカです。
PC291413
PC291412
入り口にある広告を兼ねた砂像。初めに見せるにはずいぶんキワモノな作品。
PC291415
ハリウッド。
PC291417
アメリカの明るい一面。
PC291419
PC291420
PC291423
アメリカの暗い一面。アンクル・トムの小屋がテーマの作品。紙部分が壊れそう。
PC291421
アンディ・ウォーホルの作品とジャクソン・ポロックの作品(土台部分)がテーマの作品。
PC291422
大統領の顔がほられている岩(←正式名称を知らない)。
PC291426
ゴールドラッシュ。手前の岩や奥の森も全部砂です。
PC291425
PC291428
様々な人種に囲まれるトランプ大統領。
PC291429
外に出ると鳥取砂丘を一望できます。

PC291430
美術館の外の土産屋で砂丘コーヒーを飲みます。コーヒー豆を熱した砂丘の砂で焙煎したようです。通常300円ですが、何かの記念で無料になりました。ごちそうさまです。

PC301431
PC301432
食事をして体力が回復したので鳥取砂丘をもう少し歩きましょう。
PC301434
空になって束ねられている給水器のタンク。
PC301436
韓国語が書かれた巨大な浮き。1メートルくらいありますが軽いので押すと転がせます。
PC301438
PC301446
今はあまり見ないブラウン管テレビ。不思議な写真。
PC301440
怖い。
PC301439
なんの照明だろう。
PC301443
PC301447
結構ごろごろ落ちています。たまに割れているので拾う時は注意が必要ですね。
PC301449
PC301450
PC301451
さて、微妙に時間があまったので別のところに行きましょう。

鳥取駅にもどり、電車に乗ります。

●白兎神社
鳥取市白兎603。鳥取駅からバスで40分。
小さな神社なので所要時間は10分ほど。因幡の白兎伝説の地です。因幡の白兎と保食神と豊玉姫命を祀ります。因幡の白兎のおかげで大国主命は八上姫と結ばれたため、縁結びのご利益があるとされます。結局2人は別れてしまうので、縁結びのご利益があっても続くかはちょっとあやしいところです(蛇足)。あと、因幡の白兎って間抜けでずるいウサギのイメージしかなかったのですが、神様だったんですね。失礼しました。
PC301452
因幡の白兎と大国主命。
PC301455
PC301456
大国主命が「これが傷に効くよ」といった植物、ガマ。
PC301459
因幡の白兎が傷を洗った御身洗池。当時は清水だったのでしょう。
PC301461
拝殿。
PC301464
本殿の柱の下の菊座石。皇族を象徴する菊の上に柱を立てるのは極めてめずらしいとされます。
PC301462
さて、日が暮れてきたのでまた鳥取駅へもどって夕食にします。
PC301465
伝説で、ウサギがワニの背中を踏んで渡った時に登場する島。

●まつや
鳥取市吉方温泉4-432。11:30~13:30、17:00~21:30営業、日曜日休み。
鳥取名物ホルモンそばの店。地元民向けで店主さんと常連さんが会話しながら作業していますが、よそ者(私)がきても丁寧に接客してくれました。
PC301469
PC301466
PC301467
とても濃厚なため、ご飯と一緒に食べることが多いホルモンそば。
PC301468
味噌ダレにつけて食べるのですが確かにめっちゃくちゃ味が濃いです。でもかなりおいしい。

調子に乗って温泉も行ってみましょう。

●木嶋温泉
鳥取市吉方温泉1-320。16:00~22:00営業、水曜日休み(祝・祭日は営業)。入湯料400円。
鳥取駅周辺に複数ある温泉の1つ。ナトリウム硫酸塩泉でさっぱり感の強いお湯です。共同浴場のわりに高めの価格設定ですが、広くて空いており使いやすいので妥当と思います。10人は入れそうな湯船の他に、寝湯、水風呂、サウナつき。
PC301474
PC301472
PC301473

これで2日目を終わります。

※おまけ
西日本ではおなじみだけど東日本では知名度が極めて低い金ちゃんヌードルを買ったので食べます。
PC301475
PC301476

3日目の記事はこちら。

【若桜編】鳥取4泊5日旅行 1日目

今回は鳥取をおとずれたので軽くまとめます。山口や島根など周りの県はすでに行ったことがあるのですが、何だかんだあと回しになっていました。

ちなみに年末年始の山陰地方のため終始悪天候な上にところどころ施設が閉まっているという悪条件での旅行なので、そこのところよろしくお願いします。

PC281244
鳥取砂丘コナン空港に到着。ちなみに蘭さんはこう見えて飛行機の操縦ができます(緊急事態でやむをえずやっただけ)。
PC281245
ここから預かっていた荷物が出てくるというあたり前のことをドヤ顔で教えてくれるコナン。
PC281246
コナンの忘れ物が展示されています。困っているだろうから展示なんかしないで届けてあげなよ。
PC281247
必要最低限の施設があるだけのよくある地方空港。
PC281248
空港からは鳥取駅前や倉吉などへの直通バスが出ています。鳥取駅までは460円。

PC281249
鳥取駅。はっきりいって「イケてない側」の県である鳥取県ですが、思ったより立派な駅です。必要なものが凝縮されており使いやすいです。

駅の近くで何か食べましょう。

●海鮮問屋村上水産鮮魚部
鳥取市永楽温泉町378。11:00~13:30、17:00~23:00営業、日曜日休み。
非常に安価に地元の食材を使った料理が食べられる店です。
PC291254
PC291251
PC291253
地鶏を食べます。これで650円って安くないですか。

PC291255
PC291256
ちょうどこの時、鳥取市役所駅南庁舎で不発弾が見つかった影響で規制線がしかれ、鳥取駅も封鎖されてしまいました。少し困りましたが、駅向かって右のバスターミナルは生きていたのでバスで今日の目的地へ行きます。

●若桜
鳥取駅前の8番乗り場からバスで50分くらい。または鳥取駅から若桜鉄道で50分。
かつて鬼ヶ城の城下町であり、江戸時代は若狭街道の宿場町でもありました。
PC291257
PC291261
若桜駅。小さな風情ある駅。

PC291266
PC291262
PC291263
PC291267
PC291268
PC291274
PC291275
PC291277
PC291278
PC291273
PC291269
駅から徒歩3分ほどのところにある、300メートルほどの蔵通り。1885年の大火で若桜の宿場町がほぼ焼失してしまい、再発防止の対策として寺を守るように蔵を建てることになりました。がんばって管理しているようですが「貧しいこっちが何とか維持しているのに自治労は利益ばっか得やがって」という内容のパネルがはられている蔵もあり、いろいろ苦労しているようです。

PC291281
PC291279
道にはいたるところにわりとパワフルなスプリンクラーがあって、がんがん雪をとかしてくれます。うっかり見逃すと一瞬でずぶぬれになります。蔵通りにもありますが、せまいのでよけるにはまたいで通る必要があります。

車があれば鬼ヶ城の跡地や落入集落(平家の隠れ里)などへも行けるのですが、今回は行きません。

寒いので1度避難します。

●珈琲館藍
八頭郡若桜町若桜396。8:30~17:00営業、土曜日休み。
PC291284
PC291282
PC291283

PC291285
若桜駅にもどります。
PC291286
PC291288
PC291289
駅構内のC12と転車台、給水塔。大雪も相まって遠くにきてしまった感があります。
PC291290
今はあまり見ないかたい切符。懐かしいですね。

鳥取駅にもどったので少し早いですが夕食を食べに行きます。

●てんまり
鳥取市栄町758。17:08~23:00営業、日・月曜日休み。
鳥取の食材や地酒をおいている居酒屋。店員が女性で雰囲気もポップなので女性でも利用しやすいです。
PC291293
PC291291
砂丘らっきょう。
PC291292
地魚5天盛りとご飯とみそ汁。みそ汁はカニ入り。地魚の中のエビとみそ汁の中のカニが両方とも卵持ちでなかなかおいしいです。

そして今日のホテルはこちら。

●鳥取グリーンホテルモーリス
鳥取県鳥取市今町2-107。
6200円程度で大浴場、朝の新聞、朝食つきという比較的低価格なホテル。そのわりにおしゃれで清潔で部屋も広いです。
PC291294
PC291295
PC291296
PC291297
漫画読み放題コーヒー飲み放題。
PC291298
かなり清潔感のある部屋。価格のわりに広いです。

これで1日目は終わりです。

2日目の記事作成中……
アクセスカウンター(PV)

    記事を検索する
    タグ絞り込み検索
    ●宣伝●
    タイトル バナー用

    ゆめにっきファンゲーム
    『GOCCO』公式ブログ
    ゆめにっきのファンゲームを制作させて頂きました。 「ゆめにっき」という単語にピンときた方はこちらのリンクからどうぞ。
    試しににほんブログ村ランキング参加中
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク