■宣伝■
メディア掲載について↓
●旅行ガイドメディア「トラベルジェイピー」に寄稿しています
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/48397393.html

●旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」に寄稿しています
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/48986208.html

●「マイナビ学生の窓口」の記事に取材協力しました
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/51229138.html

■今まで訪れた場所リスト(調べる場所が決まっている場合こちらから)■
http://85irimusume.doorblog.jp/archives/50407619.html

【稲荷なのに寺院】愛知県・豊川稲荷を訪ねる

今回は愛知県の豊川を訪ねたので軽くまとめます。

P5122410
豊川稲荷には400台分の駐車場がありますが、周囲にも多くの駐車場があります。そこまで混む観光地ではありませんがもし神社の駐車場が混んでいる場合は周囲を探してみましょう。今回は豊川進雄神社前の民家の有料駐車場にとめました。民家の方から回り方の助言をもらったあと出発します。

●豊川進雄神社
豊川市豊川町134。
素戔嗚尊(スサノオノミコト)を祀ります。伝説によると701年に豊川の右岸にあった元宮に牛頭天王(ごずてんのう、素戔嗚尊と同一視されている)を祀って雨ごいしたことがきっかけとなり、957年に創建されました。豊川市内では神社として最も社格が高く、7月に開かれる夏祭りが無形民族文化財に指定されています。
P5122411
P5122415
P5122416
諏訪神社などの小さな社。
P5122418
出雲大社なども分霊されていました。

●徳城寺
豊川市豊川西町151。
曹洞宗。「日本全国どこでも訪れる」で有名な弘法大師のお告げにより見つけた錫杖井戸があります。
P5122425
P5122424
P5122423
P5122419
この中に井戸があります。
P5122421
深さ1メートルで粘土層。井戸としてはめずらしいそうです。

●光明寺
豊川市豊川町1-59。
浄土宗の寺院。かつての豊川城にあります。
P5122430
P5122426
P5122427
建て直し中でした。
P5122429
仮本堂。中には阿弥陀如来が安置されていました。

P5122431
参道入口。
P5122433
参道。5分程度で通り抜けられます。

●来恩
豊川市門前町10。9:00~18:00、無休。
江戸時代末期の建物を再利用しています。
P5122438
P5122434
レトロ感が演出されている店内。
P5122436
いなりうどんといなり寿司のセット1600円。

●薬師如来堂
豊川市門前町7。
豊川稲荷の外にありますが、豊川稲荷のお堂の1つです。
P5122439
P5122440

参道を抜けると、車道をはさんで豊川稲荷が姿を見せました。

●豊川稲荷
豊川市豊川町1、参拝自由。
1441年創建の曹洞宗の寺院。正式名称は妙厳寺で、フルネームでいうと円福山豊川閣妙厳寺。「稲荷」と呼ばれており800もの狐像がありますが、神社ではなく寺です。稲荷信仰と習合した荼枳尼天を祀っています。
P5122442
P5122443
総門。細かい装飾。
P5122494
縁起がいいとされるナギの木。
P5122444
全体マップ。
P5122446
鎮守堂。神楽殿を1930年に改修したもの。
P5122447
鐘楼堂。
P5122448
山門。戦国大名今川義元の寄進。
P5122452
お寺ですが鳥居があります。廃仏毀釈の時一度撤去されますが後に建て直されます。
P5122453
P5122454
P5122457
豊川稲荷大本殿。1930年完成。
P5122460
P5122461
P5122491
庭園越しに大本殿を撮ろうとすると絶妙な具合で松の木で隠れます。
P5122492
1824年建立の宝楽殿。
P5122462
奥の院へと続く道。
P5122463
宝雲殿。十三仏や檀家の牌を安置しています。
P5122464
さらに進みます。
P5122465
1863年の建立の万堂(禅堂、万燈堂)。
P5122467
旧奥の院。
P5122490
三重塔。1976年建立。
P5122478
霊狐塚。祈願成就の際に奉納された狐像を安置する場所。
P5122479
異世界感。
P5122480
P5122481
P5122482
P5122485
P5122486
P5122488

ここで車で10分ほど移動します。

●さんぽ道
豊川市豊津町釜ノ口64-1。9:30~18:00営業、火曜日休み。
「豊川にランドマークを作りたい」という意識から作られたカフェ兼はちみつ屋。
P5122495
曲線の多い建物。
P5122496
カフェは30分待ちだったのではちみつだけ購入します。

これで豊川観光を終わります。2時間程度でさくっと回れました。



●次はどこに行く? (他の旅行記事に移動します)●
・東京都人形町のビルの隙間にひそむ出世稲荷神社へ行く。
・日本の各地でブックカバーを買ったのですがよかったら見ていきませんか?

【なまこ壁の港町】静岡県・松崎を歩く

今回は静岡県・松崎を歩いてきたので軽くまとめます。

●松崎
修善寺駅前のバス停4番乗り場からバスで100分くらい。
西伊豆の小さな港町。火に強いなまこ壁の建物が多いのが特徴です。実は日本に出回る桜の葉の7割を生産しています。わさびや川のりも有名。

西伊豆全体にいえることですが、遠方から訪ねるにしては目立つスポットが少ない上に規模も小さく、東京方面から訪ねると途中で熱海や修善寺など名だたるスポットをスルーしなくてはいけないという少し不遇な場所です。余談ですがバスに乗っている途中で土肥金山や土肥温泉の前も通過したので、ここもいつか行ってみたいと思いました。

●伊豆の長八美術館
賀茂郡松崎町松崎23。9:00~17:00営業、年中無休。入館料500円。
松崎出身の漆喰こて絵師、入江長八の作品を展示する美術館です。個人所有の作品以外は撮影可能。
P5012287
P5012288
P5012289
P5012290
かけ軸を漆喰で作るというユーモア。遠目だと本物に見えます。虫食いなどの劣化も再現しています。
P5012291
富嶽。
P5012294
壊れた部分から竹が露出しており、これは彼が左官として働いていた時の技術を応用したものらしいです。
P5012292
竹で作られた額縁の枠――ではなくこれも漆喰。本物の竹と勘違いされてしまい、枠のほとんど(上と左右)が防腐用の塗料で青く着色されてしまったという逸話が残ります。
P5012295
P5012297
橋の柱や木々も立体的。

P5012402
美術館の前でレンタサイクルを借ります。通常のレンタサイクルではなく、シェアサイクリングサービス「HELLO CYCLING(https://www.hellocycling.jp/)」なので事前にスマホにインストールしておきましょう。

P5012299
「HELLO CYCLING」のアプリで自転車を予約するとメールで暗証番号が届きます。30分以内に自転車の前方についている端末の電源を入れて、暗証番号を入力します。
P5012300
認証OK。この暗証番号は自転車の鍵としても使えます。普通に自転車の鍵を閉めて、ボタンで鍵を解除できます。鍵紛失のリスクがなくて良いですね。
P5012301
速度表示つきの電動自転車。登り坂も楽々です。逆に、次に行く場所は登り坂の先にあるのでコイツの力がないときついです。

P5012303
着きました。

●室岩洞
賀茂郡松崎町(町から南西側に出たところ)。8:30~17:00、年中無休(無人ですが時間外は照明が消えるため進入禁止)。
江戸時代から1954年まで利用されていた採掘場です。江戸城の石垣にも使われました。
P5012304
5分ほど階段をくだります。
P5012305
P5012306
P5012307
岩肌に掘った跡が残っていますね。
P5012308
中は暗く迷路のように入り組んでいますが、そこまで広くないので迷うことはないでしょう。
P5012309
人気がなく静かなので、人形が死角から現れると少しびびります。
P5012310
P5012312
採掘されずに天井に残る火山弾。
P5012313
P5012314
足音と水のしたたる音だけがひびく静かな洞内。
P5012315
P5012316
外に続いているようですがこれ以上進めません。
P5012317
P5012318
曲がり角の先に突然出現して驚かしてくる人形。ホラーゲームでありがちな演出ですね。
P5012319
きれいな水が天井からしたたり落ちています。
P5012320
行きどまり。別のルートを探しましょう。
P5012321
行きどまりに見えますがくぐれます。
P5012322
奥の方は湿気で霧がかっています。
P5012323
水がたまって池のようになっている場所も。
P5012324
先が見えない。
P5012326
出口の先は海の見える崖になっています。かつてここから石を運びだしていました。ここは行きどまりなので洞窟を通ってもどりましょう。


もどる時に動画を回してみました。暗いので画質が悪いのはご愛敬。とても静かで暗いのでホラーゲームの主人公になった感覚を味わえます。

町にもどって食事をしましょう。

●さくら
賀茂郡松崎町松崎22-3。11:00~20:00、不定休。
地魚とところてんを扱う店。食事をした人はところてん食べ放題。ラッシュ時には時間がかかるのでのんびりと待ちましょう。
P5012333
P5012328
アジのまご茶づけ。女性なら完食できないかもしれないくらいの贅沢なボリューム。
P5012329
始めはそのまま食べます。
P5012330
2杯目は出汁をかけてもらって食べます。
P5012332
5種類のところてんが食べ放題。

さて、また自転車で町外れに行きましょう。

●岩科学校
公式HP:http://www.izu-matsuzaki.com/publics/index/54/
賀茂郡松崎町岩科北側442。9:00~17:00開館、年中無休。入館料300円。
1880年に作られた、なまこ壁が特徴的な学校です。学校としては日本で3番目に古いです。館内の装飾を入江長八が行っています。
P5012336
P5012337
小さいですがかっこいい外観です。
P5012338
玄関の上にある入江長八または彼の弟子(佐藤甚三)の作品。
P5012340
1階廊下。
P5012341
再現された校長室。
P5012342
再現された教室。
P5012343
2階の和室。欄干には入江長八の作った千羽鶴があります。
P5012344

P5012345
2階階段。
P5012346
バルコニー。
P5012347
バルコニー。
P5012348
こて絵がそこかしこにあります。これは作者不詳らしいです。

また町にもどりましょう。

●伊豆文邸
賀茂郡松崎町松崎250-1。9:00~16:00、不定休。無料。
1910年に建てられた呉服商の家です。
P5012349
P5012353
P5012351
P5012352
2階。

P5012354
外に足湯がありました。松崎は一応温泉地でもあります。かなり熱めですが水でうすめることもできます。

●長八記念館(浄感寺)
公式HP:http://chouhachi-mh.izu-westwind.net/
賀茂郡松崎町松崎234-1。9:00~16:00拝観可能、無休。拝観料500円。
約700年前に建立された浄土真宗の寺院。300年前の大火で本尊以外は焼失します。1847年の再建時には、幼少期にここで学んでいた入江長八が雲竜図や飛天の像などの作品を堂内に描き、同時期にここで学んでいた彫刻師の石田半兵衛が柱などの彫刻を行いました。
P5012356
堂内は撮影禁止です。
P5012364
浄感寺正面。ここから入ることはできません。裏(長八記念館)に回りましょう。

●伊那下神社
公式HP:http://www.inasimo-jinja.jp/
賀茂郡松崎町松崎28。
彦火火出見尊と、住吉三柱大神を祀ります。大漁や航海の安全を祈願する神社として松崎で愛されています。
P5012357
P5012359
P5012361
境内にある卜石と龍の化身。原始時代に祭場として使われた痕跡が残っています。
P5012363
境内にある龍谷水神社。ここから御神水が流れています。
P5012362
御神水。

●近藤平三郎生家
賀茂郡松崎町松崎216-1。
アルカロイドの研究を行い文化勲章を受賞した、近藤平三郎の生家です。外観のみ見学可。松崎を象徴する建物。
P5012368
P5012366
このアングルがよく観光ガイドで使われます。

●浄泉寺
賀茂郡松崎町松崎43。
1414年創建の浄土宗の寺院。境内から水がわき出していることが名前の由来です。江戸時代には徳川家光から御朱印地(幕府により領有権を承認されている土地)を与えられました。
P5012369
P5012370
P5012372
経堂。
P5012374
中の輪蔵。南無阿弥陀仏と唱えながら回すと一切経(経典の総称)を読むのと同じ功徳があるとされます。

●中瀬邸
公式HP:http://www.izu-matsuzaki.com/publics/index/14/
賀茂郡松崎町松崎315-1。9:00~17:00見学可能、年中無休。見学料100円。
明治初期に建てられた呉服商社の家で、代を重ねるうちに保険などあらゆるものを扱うようになり財を成しましたが1988年に町に買い取られました。喫茶店もあります。
P5012376
P5012380
P5012383
P5012381
P5012382
松崎で撮影された映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の小道具が展示されています。

●時計塔
賀茂郡松崎町松崎315-1。
先代の時計塔が1938年に水没して壊れたため、1987年に再建されたものです。松崎に流れる特別な時間を意味する「13」の数字が入っています。
P5012378
P5012379


●花畑
松崎町の東の畑に、農閑期のみ現れます。
P5012386
P5012387
P5012394
P5012389
本当は様々な色の花が咲き乱れているのですが、終わりの時期のため花の種類や密度は少なめでした。

●アサイミート
公式HP:http://asai-meat.com/
賀茂郡松崎町松崎451−1。9:00~18:00営業、水曜日休み。
肉屋ですが、名産の川のりを使ったコロッケなど、歩き食いできる惣菜も販売しています。
P5012407
P5012406

P5012403
帰る前にきちんと自転車をもどしましょう。「HELLO CYCLING」の駐輪場へ行って自転車をロックし、電源をつけ、「RETURN」→「1(YES)」で返却可能です。
P5012404
返却が完了するとメールで返却が完了した旨と費用請求(今回はクレジット一括払いを選択)がきます。

今回はこれで終わりです。少々アクセスが悪いですが、雰囲気がよく素朴でお勧めです。



●次はどこに行く? (他の旅行記事に移動します)●
・アクセスがとてもいい熱海に行く。
・アクセスの悪い港町、京都の伊根に行く。

【簡単に借りてどこでも返せる】自転車シェアリングサービス「HELLO CYCLING」の使い方は?

2016年11月より始まった自転車シェアリングサービス「HELLO CYCLING」(ハローサイクリング)。東京近辺にお住まいの方なら1度は見たことがあるかもしれません。

今回は「HELLO CYCLING」について「短文かつ必要最低限の情報」でまとめました。これから日本全国に広まっていくことが予想されるサービスのため、ぜひ覚えて利用してみてください。

●そもそも「HELLO CYCLING」って何?
OpenStreet(株)とソフトバンク(株)が提供する自転車シェアリングサービスです。

東京が中心ですが、神奈川県・栃木県・茨城県・静岡県(ほぼ伊豆半島)・愛知県(岡崎市)・小豆島・九州・沖縄にも広がっています。

予約はスマホやタブレットから簡単に行うことができます。また、リアルタイムに貸し出し状況が分かる点、無人のため24時間利用可能な点、「HELLO CYCLING」に加入しているすべての店舗で乗り捨て可能な点も魅力です。

●利用方法は?
①公式HP(http://www.hellocycling.jp/)またはアプリで会員登録します。名前、メールアドレスなどの入力が必要ですが、Facebookアカウントと連携させればほぼ入力の手間なしで登録可能です。

登録するとメールが届くので、メールのリンクから本登録をしてください。本登録時には支払い方法の選択が必要です。Yahoo!ウォレット・クレジットカード・キャリア決裁・ICカードの4種類が選べます。(自転車を借りた時のみ利用料が発生します。年会費・登録料・更新料・維持費は一切かからないので安心してください)。

本登録がすんだら予約可能になります。


②スマホやタブレットでアプリにログインし(PCからはログインできません)、「マップ」で借りたい場所付近に乗り場があるか確認します。乗り場があったらクリックしてみましょう。

クリックすると貸し出し可否と返却可否が表示されます。貸し出し可能な場合は「予約する」をクリックしてください。すると、店で借りることのできる自転車の外観と車両種別(ほぼ電動アシスト)、そして現在地からの距離が表示されます。借りたい自転車が見つかったらチェックを入れ、「自転車を借りる」をクリックしましょう。


③メールが届くので30分以内に現地で自転車を借りましょう(30分以内に借りなかった場合キャンセルされ料金は発生しません)。

P5012402
マップの場所に行くと確かに自転車がありました。自転車についた札と、予約した自転車のナンバーをきちんと確認しましょう(この自転車の場合座席の下に「A0707」と書かれていますね)。

P5012298
電源ボタンを押すと言語選択画面になります。日本語の場合は1を押してください。

P5012299
メールに暗証番号が書かれているので、入力しましょう。すると自動でロックが解除され使用可能になります。


④鍵をかけたい時は普通の自転車と同じように後輪をロックします。鍵はありませんが、電源を入れて暗証番号を入力するとロックが解除されます。トンネルなど通信ができない場所ではロック解除できないので注意してください。

※面倒な方は、ICカード(Suicaなど)をカードキーにすることもできます。電源を入れ、操作パネルにかざし、「カード登録」と表示されたら1(Yes)を押し、もう一度かざしたあと暗証番号を入力すれば、次回から暗証番号の代わりにICカードをかざすことでロック解除可能です。


⑤返す時はマップで「返却可能」となっている駐輪場に自転車をとめ、ロックしたあと電源を入れ「RETURN」を押します。「返却」と出るので、1(Yes)を押します。ロックされていなかったり、返却場所から離れていたり、駐輪場が満車だとエラーになるので注意してください。
P5012403
明るいところだと少し見づらいのが難点。


⑥無事返却できるとこのような表示が出て、請求メールがきます。
P5012404
無人なのできちんと返せたことを確認してから帰りましょう。場所によりますが、費用は1時間65円~130円、1日1,000円~2,000円ほどです。

普通のレンタサイクル以上に便利なのでぜひ活用してみてください。
アクセスカウンター(PV)

    記事を検索する
    タグ絞り込み検索
    最近のコメント
    ●宣伝●
    タイトル バナー用

    ゆめにっきファンゲーム
    『GOCCO』公式ブログ
    ゆめにっきのファンゲームを制作させて頂きました。 「ゆめにっき」という単語にピンときた方はこちらのリンクからどうぞ。
    試しににほんブログ村ランキング参加中
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク