【九湯めぐり】長野県・渋温泉へ行ってみた【前編】
の続きです。

 九湯めぐりを達成したあとは、渋温泉をもう少し歩き回りましょう。

P2118587
大湯(前記事参照)のすぐ隣の宿、古久屋の前にある温泉卵の無人販売(50円)。この場では食べないでくださいと書かれているので少し移動して適当なところで座って食べました。少し塩味が効いていてなかなかおいしいです。温泉卵なので割る時はこぼさないように注意。
P2118588
P2118576
いかにも昔の湯治場という雰囲気。
P2118590
温泉街全体図。

●温泉寺
下高井郡山ノ内町平穏2032。
曹洞宗の寺院。長野県佐久市にあった前山城の城主であり武田信玄に仕えた伴野貞祥が建立した貞祥寺の末寺。武田信玄の寄進を受け、真田家からも保護されていました。
P2118594
ビニールハウス的なもので道が埋まらないようになっていました。
P2118593
香炉に雪で枯山水が作られていました。これは粋ですね。
P2118591

ざっくり温泉街を回り終えましたが、寒いので一度避難しましょう。

●信濃路
長野県下高井郡山ノ内町渋2148-2。朝早く~昼頃まで営業、不定休。
90歳を越えるおばあちゃんが1人で経営するコーヒー屋。メニューはコーヒーのみ。豆からひいて丁寧に入れてくれます。
P2118602
P2118599
P2118601
「タバコ吸います?」と灰皿を差し出されましたが吸わないと答えると「お行儀良いねえ」「あれは吸わない方が良いよ」とのこと。テーブルではなくカウンターに座ったらもう少しお話できたかもしれません。

●やり屋
下高井郡山ノ内町平穏2169、11時~23時、無休。
渋温泉としてはかなり広めのそば屋です。
P2118610
看板が「せり屋」に見えました。
P2118603
店内。
P2118604
サービスの野沢菜。
P2118606
おやき。
P2118608
月見そば。きちんとそばの香りがしました。

このあとは地獄谷野猿公苑に行きたいのですが、渋温泉のバス停に停まる次のバスが12:05なので時間調整します。

●茶房ふるさと
山ノ内町渋温泉2268-2。10時30分~17時30分、水曜、第1・3木曜日休み。
比較的新しい小さな喫茶店。バス停渋温泉のまさに目の前なので時間調整にとても便利です。
P2118616
P2118615
コーヒー300円。

P2118612
P2118613
12:05にバスが来たので乗車し、10分ほどの上林温泉で降ります。

P2118635
道中の不動尊。

●地獄谷野猿公苑
公式HP:http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/
バス停上林温泉から徒歩約2キロ。入苑料800円。8時30分~17時見学可能(冬季は9時~16時)
よくテレビで流れる温泉に入る猿の映像はここです。
野生の猿を観察するために計画的に(生態系を壊さないように)餌付けしていている施設です。
P2118636
SNOW MONK(E)Y PARK。
P2118618
いました。
P2118619
P2118620
P2118621
かわいい(小学生並みの感想)。
P2118622
P2118623
P2118625
P2118626
P2118627
P2118628
P2118629
P2118633
P2118631
往復4キロ歩いたかいがありました。

P2118637
人間の世界(渋温泉)に戻ってきました。

帰りのバス(湯田中駅まで行くバス)まで時間をつぶしましょう。

●小石屋旅館
公式HP:http://yadoroku.jp/koishiya/
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2277。開店時間や休日は時期により変動するためHPを確認お願いします。
宿の1階がカフェバーになっています。
P2118641

P2118639
P2118640
今回はこれで終わりです。



 ●次はどこに行く? (他の旅行記事に移動します)●
・同じく長野県にある武田信玄の隠し湯である別所温泉
・同じく長野県にある、山城が見守る戸倉上山田温泉