今回は千葉県・銚子に行ったので報告します。

●銚子
廃線の危機を乗り越えつつ何とか90年ほど存続している6.4キロのローカル線、銚子電鉄や関東最東端の犬吠埼、魚介類が魅力の場所です。
東京駅から安価に行くにはバスが最適。東京駅八重洲中央口から横断歩道を渡ったところのバス停から銚子駅まで2時間30分強、2,550円です。

P3038647
銚子駅。あいにくの工事中。本来はオランダの風車小屋を模したデザインです。

まずは地方によくある死んだ駅前通りを進んでいきます。

P3038649
近年数を減らしつつある味わい深い建物がちらほらあります。

●銚子セレクト市場
銚子市双葉町3-6。9:00〜18:30営業(11月〜4月は30分遅く開店し30分早く閉店)。銚子土産を購入できるまちの駅です。休憩所やトイレも併設しています。最近できたばかりの印象。
P3038650

●額賀屋染工場
P3038651
銚子市中央2-3。9:00〜17:00営業(4月〜9月は1時間延長)、日曜と祝日休み。
漁船の進水式に使用する大漁旗を江戸時代から作り続けています。基本はオーダー制ですがブックカバー程度なら販売しています。銚子セレクト市場で買えるので立ち寄らなくても良いのは内緒の話です。

P3038652
銚子駅から銚子港に出てみました。
P3038653
P3038654
P3038656
P3038658
P3038659
P3038660
P3038661
次の仲ノ町駅を一度スルーして港を歩きます。朝から何も食べていないので食事したいからです。

●魚河岸料理常陸
銚子市新生町1-36。11:00〜20:30営業、不定休。
P3038663
P3038662
名物ちらかし丼2000円。魚が新鮮でおいしかったです(小学生並みの感想)。

P3038665
仲ノ町駅前の石像。『桃太郎電鉄』のボンビーの上に桃太郎の取りまきの猿が乗って「貧乏神が去る」ことを意味しています。経営難の銚子電鉄らしいですね。

P3038667
仲ノ町駅。良い雰囲気の駅。
P3038668
P3038671
P3038669
P3038670
ここで700円の1日乗車券を購入。半券を見ればわかる通り、周辺施設の割引や煎餅のサービスがついています。
P3038672
鉄道むすめの1人、外川つくし さんのイラストつきの駅構内への入場券もあります。ゆっくりけんがくしていってね!!!

ちなみに外川つくしさんは、花と子どもが好きで、ぬれ煎餅と鯛焼きが好きな銚子電鉄の駅務員という設定です。

P3038664
P3038674
仲ノ町駅に電車がそろいました。かわいい顔の電車ですね。
P3038675

P3038676
駅の近くにあるヤマサ醤油工場。予約すれば見学可能です。50分ほどかかるし、1人で工場見学するのはなんか悲しいのでパスします。

P3038677
仲ノ町駅にもどって駅構内を見学。
P3038678
P3038679
車庫の前まで歩いて行くことができます。問題はないのですが少しどきどきしますね。
P3038680
コミカルな外見の機関車、デキ3号。日本一小さいそうです。
P3038681
P3038682

電車が来たので乗車して、観音駅を目指します。

P3038683
電車のドアにはられた警告。銚子電鉄を危機から救ったぬれ煎餅をかじる外川つくしさん。

P3038694
観音駅。名前やとなりの仲ノ町駅からは想像もつかないキュートな駅。
P3038684
P3038685
P3038687
P3038691
P3038688
P3038689
名物の鯛焼きを売る売店。外川つくしさんの好物でもあるのですが、何と2017年3月で閉店。たい焼きは犬吠駅で夏ごろに販売再開を目指しているらしいです。やっぱりいろいろ厳しいんですね。
P3038690
良い香りのもちもちとした生地といっぱいにつまったあんこがおいしいたい焼き。これで130円。200円くらい取れるんじゃないですかね。

さて、駅の周辺を少し歩いてみましょう。

●飯沼山圓福寺
千葉県銚子市馬場町293。
1400年前に漁師が海中から引きあげた十一面観世音菩薩像を、1200年前に「日本全国どこでも現れる」で有名な弘法大師が開眼した真言宗の寺院です。
P3038695
本堂から5分ほど離れたところにある本坊。周囲は墓地で囲まれています。観光客が行くべきはこっちではなく、横断歩道を渡った先にあります。
P3038698
真新しい門。
P3038699
五重塔。
P3038701
大仏様。1711年建立。
P3038700
本堂。十一面観世音菩薩像が祀られています。
P3038702
屋根が上にあって面白い構図かなと思って撮ったのですが別に面白くも何ともないですね。
P3038703
さて、また電車に乗って次の駅を目指します。

P3038706
P3038705
P3038707
ネーミングライツをヘアケア製品の会社が取得したことにより髪毛黒生駅という愛称をつけられた笠上黒生駅。木造の小さな駅で、周囲には住宅街が広がります。

P3038708
これといって見所のあるところではありませんが、ある場所を目指して進みましょう。

P3038709
キャベツ畑。

●笠上神社&笠上寺
P3038710
P3038711
P3038713
P3038712
ハーブガーデンポケット手前(住所不明。ハーブガーデンポケットについては今回時間がなくいけなかったため紹介しません)。木が生い茂ってひんやりとしています。こういう、一切情報がないけど地名がついていてきれいに掃除されている寺社っていいですよね。

P3038714
P3038715
一応ハーブガーデンポケット。時間があればここでハーブティーをいただく予定でしたが、時間が押しているのでスルー。

P3038716
P3038717
海際を歩きます。君ヶ浜駅まで歩けるかなと思ったのですが、時間がないので手前の海鹿島駅を目指します。

P3038718
P3038719
ネーミングライツにより「とっぱずれ」の愛称がつけられた海鹿島駅。

P3038720
P3038722
P3038725

P3038727
犬吠駅。今までで最もにぎわっています。
P3038728
犬吠駅正面。城っぽくしてみたり音だけのお化け屋敷を作ってみたものの今は閉鎖していたり、いかにもダメ観光地っぽい感じがほほえましいです(ほめてます)。

●満願寺
銚子市天王台9822‐1。8:00〜17:00拝観可能(大晦日は通常の時間以外に22:00頃~1月1日17:00頃、1月2日〜3日は6:00~17:00ごろ)。
十一面観世音菩薩像の他、全国188か所の本尊を祀っており、その年の1番大きな願いを叶えてくれるとされます。
P3038729
P3038730
P3038731
P3038732
P3038733
P3038735
P3038736
絢爛豪華な本堂。本堂へ行くための回廊に全国の神様が鎮座しています。

P3038737
道中。

●地球の丸く見える丘展望台
銚子市天王台1241-1。10月〜3月は9:00〜17:30、4月〜9月は9:00〜18:30まで営業。入館料380円。
簡単な喫茶店と売店を併設する展望台です。千葉県北東部では最も高度が高いところにあります。
P3038746
P3038739
展望台からのながめ。
P3038740 P3038742
風車の群れ。
P3038741
キャベツ畑。
P3038744
キャベツ畑。
P3038743
海から風車が伸びて回っているのって何だか不思議な光景ですよね。

360度の風景を動画で撮影しました。

さらにヒーリング映像じたての動画にしてみました。

日が傾いてきましたが、もう少し回りましょう。

●犬吠埼灯台
銚子市犬吠埼9576、8:30〜16:00見学可能、荒天時やメンテナンス時以外は無休、見学料200円。
1874年に作られた、日本で24番目の灯台です。上までは99段の階段を登ります。
P3038749
すでに閉まっていたので外観のみ見学。鋭い方なら気づいたかもしれませんが、灯台の方が満願寺や地球の丸く見える丘展望台より早く閉まるので、先に灯台を回った方が確実に全部中に入れましたね。私は鋭くないのでこの順番で回って灯台のクローズの時間に間に合いませんでした。

P3038751
さて、いよいよ終点に向かいます。

P3038755
外川駅。照明が美しいホーム。
P3038756
P3038759
P3038768
セットみたいな木造の駅。

P3038760
外川駅周辺にはこれといって重要なものはありませんが、港町特有の雰囲気を持った住宅街を散歩するのも良いですね。
P3038761
P3038762
P3038764
P3038765
P3038766

P3038769
照明が美しいホーム(2回目)。
 
P3038772
おみやげ。