突然ですが皆さん、食事の時にテーブルマットは使っていますか?

おしゃれで食べ物が映えますし、広げただけでそこが食事のための空間に変化するのが素敵ですよね(ちなみに私は使っていません)。

ここ数年で35か所ほどの都道府県を訪れたのですが、その過程で1つ気づいたことがあります。

都道府県ってテーブルマットとして使えそう♪

「何を意味の分からないことを言っているんだろう? 強調しようと思って虹色を使ったんだろうけど逆に読みにくいな」とお思いの方も多いと思いますが、さっそく例をあげていきます。

①滋賀県
滋賀県
みんなのアイドル滋賀県です。面積の6分の1を琵琶湖が占め、海なし県で唯一漁港を持つという個性派です。

え? どうやって滋賀県をテーブルマットにしたら良いか分からない?

それでは見本をお見せしますね!
滋賀県(活用例)
こうです。
まず、マヨネーズの旨みとたくあんのシャキシャキ感が意外とイケるつるやパンを、木之元駅から徒歩7分ほどのところにおいてください(※琵琶湖に落とさないように!)。

次に、甘辛い味つけがたまらない鯖そうめんを長浜市内におきます(※琵琶湖に落とさないように! ただし琵琶湖を怖がって右におきすぎると岐阜県に重なって叱られます。この辺りは慣れるしかないです)。
鯖そうめんなら簡単に作れる上に栄養もあるので、農家に嫁いで忙しく働く娘にも差し入れしやすいですよ!

あと、南側のスペースがやたらとあまるので箸でもおいておきましょう


②長崎県
長崎県
みんなのヒーロー長崎県です。古くからの国際都市であり、異国情緒のある観光スポットが数多くあります。

テーブルマットとしてはいびつなので使い方にコツが必要です。以下に例を紹介します。
長崎県(活用例)
ちょっと見づらいですね。
長崎県(活用例拡大版)

見づらいので拡大してみました。
まず、佐世保バーガーは佐世保市においてください
長崎ちゃんぽん、皿うどんは長崎市発祥であり、トルコライスも主に長崎市で食べられるので、長崎市内に縦に並べていきましょう(※並べるスペースが細いので注意)。

恐らく初めて使う方は「長崎市って細くておきにくい……(泣)」と思うかもしれません。そういう場合長崎市に属する島も活用しましょう。

長崎県(島の活用法)
例えば長崎市には池島と高島という島があります。どちらもかつて炭鉱があった島です。
長崎県(島の活用法拡大版)
見づらいので拡大します。ここです!

ちなみにあの有名な端島(軍艦島)ですが、高島のすぐ南にあります。せっかくなので活用しようと思ったのですが、小さすぎてテーブルマットにした時消えてしまいました。お許しください。

写真⓪
池島はこんな感じの島です。
写真①
炭鉱の閉山にともなって人口が全盛期の2%まで減少したためあちらこちらに廃墟があり、街路樹も伸び放題になっています。

長崎県(島を使った小技拡大版)
そんな池島と高島を使うと、大きいお皿でも安定しておくことができますよ。かつて炭鉱で日本の近代化を支えた島が今はこうしてお皿を支えることになるなんて、感慨深いですね(←?)。

あと、箸は対馬にでもおいてください細長いのでちょうど良いです。

③栃木県
滋賀県も長崎県も使いづらいし県ってテーブルマットに向かないのでは?」とお思いの方、ちょっと待ってください。とても使いやすい県を紹介します。
栃木県
日本で2番目に魅力のない(ブランド総合研究所調べ、2016年)栃木県です。とはいえ一流観光地の日光を所有し、東京も近いのでポテンシャルは決して低くはありません。

栃木県の魅力の1つといえば、宇都宮餃子ですよね。市内に200店舗もの餃子店があり、しかもどの店の餃子も個性的でおいしくて餃子好きにはたまらない場所です!

P2104902
※個性的でおいしい餃子の例(詳しくは「イキイキ・ギョーザ」で検索してください)。

栃木県をテーブルマットとして使う以上、やっぱり餃子を乗せたいですよね!

鯖そうめんやトルコライスはあまり家で食べないので長崎県や滋賀県のテーブルマットとしての利用価値は皆無ですが、 餃子なら月に1回~2回は食卓に並びます。しかも栃木県は、長崎県と違っていびつな形をしていません。まさに餃子用テーブルマットとして使われるために生まれてきた県ですね!

栃木県(活用例)
家に餃子があったので乗せてみました。

どうですか? お皿が大きすぎて栃木県が下部分しか見えていないのが申しわけありませんが、昨日の残り物だった冷凍餃子が宇都宮の名店の餃子に見えてきませんか?

これを見れば宇都宮の餃子の女神様もニッコリしてくれること間違いなしですね!

P2115059
※宇都宮の餃子の女神様。

さて、今回は例として3つの県をテーブルマットにしてみました。みなさんもぜひお気に入りの都道府県をテーブルマットにしてみてくださいね!



滋賀県+コップ
滋賀県のところで書き忘れたのですが、琵琶湖の上にコップを乗せると、大した量じゃないのに「こ、こんなにいっぱい飲めないよぉ……(泣)」という気分になるのでおすすめです。

今回は以上です。



※今回の記事作成に辺り以下の白地図を借用いたしました。大変ありがとうございました。
・ 白地図専門店